従業員の“口臭ケア”
できていますか?

従業員が感じた
実際の口臭問題
Case1
店長が話し出すと、なんとも言えないニオイがモワッと漂ってくる。
大切な話をしているとわかっていても、ニオイが強烈で内容が少しも頭に入ってこない。
聞いているフリをしつつ、早く話が終わるよう祈っていた。
(20代女性/ショップ店員)
Case2
ある上司が電話していた廊下や打ち合わせをしていたミーティングスペースには残り香が……。
思わず引き返してしまったこともある。
運悪く長時間そのニオイにさらされると、目がしみる、頭がクラクラするなどの体調不良が起きる。
(30代女性/会社員)
Case3
その先輩と話すときは、なるべく息を止めた。
雨の日は特にキツイ。気づいてほしくてハンカチを鼻に当ててみたが、効果なし。
立ち去った後は雑誌で空気を仰いだり、何気なく外へ出て新鮮な空気を吸ったり……。
尊敬の念が薄れた。
(20代女性/美容師)

口臭は店舗生命に関わる大きな問題。
店長として、マネジメントリーダーとして、
従業員の口臭への意識づけは重要なミッションです。

会話中

口臭は自覚しづらい
しかも、まわりが指摘しにくい

口臭の一番の問題は自分では気づきにくいところ。さらにセンシティブなテーマなので指摘しづらく、そのまま置き去りにされてしまいがちです。本人はまわりを不快にさせていることなどつゆ知らず、口臭の話題になっても「自分は大丈夫」と……。その結果、口臭を発する悪意のない加害者と、それをガマンし続ける被害者の構図に。冒頭の体験談にあるようにスタッフ間のコミュニケーションに壁ができ、仕事の効率が落ち、お店のパフォーマンス低下につながります。

あの人クサい = あのお店クサイ
何も言わずに顧客が去っていく

もっと怖いのは顧客に対して! 想像してみてください。あなたも美容院やショップ、レストランなどで接客を受けたときに口臭でゲンナリした経験があるはず。心の中で「この人クサい。二度と担当してほしくない」と叫び、何も言わずにそのお店から去るのではないでしょうか。しかも離れるだけでなく、「あのお店はクサイ」とクチコミしたりも……。
お客様が感じた
実際の口臭問題
Case1
美容院での体験談
シャンプーで美容師さんの顔が近づいたとき、口臭がして急に息を止めた。
いろいろ会話してくれるけど、頭に入らない。
早くこの時間が終わってほしいと思ってしまう。
Case2
デパートでの体験談
メイクもヘアスタイルもばっちりの店員さんなのに、口臭が……。
香水や化粧品の香りも混ざって、なんともいえないニオイ。
せっかくのよい化粧品も台無しになってしまう。
Case3
人物のアイコン
飛行機での体験談
食事を持ってきてくれたキャビンアテンダントさんの口臭がひどかった。
特にコーヒーを注いでもうらうときは、鼻呼吸せざるを得なくて地獄。本当に苦しかった。

口臭は個人の問題ではありません。
従業員全員に関わる問題であり、
店舗生命を揺るがす問題なのです。

より詳しい解説はこちら

「接客業の大敵、“口臭”の最大要因は〇〇にあった!?」

成人の約割 が、
“口臭あり”または“予備軍”

「自分は大丈夫」と思っていませんか?
実は20歳以上の誰もが、
口臭の原因を抱えている可能性があります。

口臭の主な原因は、歯周病!

歯周病が発する揮発性のガス。それが悪臭の原因です。
とりわけ日本の場合、なんと成人の8割が歯周病! 別名“サイレント・ディジーズ(静かなる病気)”と呼ばれるように自覚症状なく進行するため、本人は気づいていないだけ。まさに“一億総歯周病社会”なのです。
つまり、今は被害者のあなたがいつ加害者になってもおかしくないということ。それどころか、自分は大丈夫だと思っていたけど実は……なんてこともあり得るわけです。
歯周病

早めの対策で従業員とお店を守れる

歯周病には2つの段階があります。
【歯肉炎】初期の症状。デンタルフロスを使った正しいケアで、健康な歯ぐきに戻せる
【歯周炎】進行した状態。治療が必要となり、完全には健康な歯ぐきに戻せない
たとえ歯周炎であっても、ひどくならないようにコントロールすることはできます。それにも関わらず放置していると、口臭だけでなく糖尿病や心臓病など大きな病気の引き金にも! 
だからこそ大切なのは、いち早くお店を挙げて歯周病予防に取り組むこと。店長やマネジメントリーダーの英断が従業員の健康を守り、お店のさらなる発展を加速させるのです。
そこで!

“オーラルケア”を導入して、
口臭のないクリアなお店に!

このように口臭対策は、口臭のある人だけが対象なわけではありません。
店長を含むすべての従業員が取り組むべきテーマなのです。
口臭はもちろん、むし歯・歯周病とは無縁の健康な口腔内へ!
そして、“ヘルス”を超えた“ウエルネス”なレベルへ!
私たち㈱オーラルケアが、従業員1人ひとりに合わせた口腔ケアのノウハウを提供します。

自己診断力


口の中の環境は、体調やライフスタイル、加齢などによって日々刻々と変化しています。
当然、ケアの方法もそのときどきで異なるわけです。
「今日の口の中はどんな状態か?」
「今の自分に必要なケアは何なのか?」
「どんな道具を使ってどう実践すればいいのか?」
自分の健康は自分で守る―。そのための“ベスト”を判断する力を養うことができます。

セルフケア力


根の本数、隣接面の面積、だ液の通りやすさ、細菌の付着具合、噛み締めなど、歯が抱える環境は1歯ずつ異なります。
さらに歯並びや磨き癖、食生活、もともとの細菌数、セルフケアへの意欲など、人によっても口の中の状況は変わってくるのです。
そうした環境や状況の中から、あなたに合った“オーダーメイドのセルフケアプラン”を組み立てることで確実な成果を上げられます。

生涯継続力


「服はワンシーズン、歯はオールシーズン!」
健康は日々の積み重ねです。単発の磨き方セミナーなどで一時的にモチベーションやスキルを上げるのではなく、生涯にわたって健康を維持できる“生活習慣”をサポートします。
優秀な従業員が何歳になっても第一線で活躍し、お店の成長に貢献し続けるために―。
接客業務の核となる“一生もののノウハウ”を、従業員1人ひとりに身につけてもらいませんか?

より詳しい解説はこちら

「接客業の大敵、“口臭”の最大要因は〇〇にあった!?」

REASON
選ばれる理由

01

予防歯科の世界的権威と
パートナー提携

予防歯科先進国のスウェーデンやアメリカなど、世界の名だたる歯科医師や研究者と協力関係を結び、最新の知見を導入。日本で唯一、一次予防※に特化した歯科企業として“歯を確実に守る”最先端の考え方と方法を広めています。今までもこれからも㈱オーラルケアが目指すのは、美しく健康な状態で歯を守り抜くこと。この日本に“本当の予防歯科”を根づかせることです! 
※治療した後の二次予防ではなく、健康な状態を維持し高める高次元の予防のこと
02

365日細菌との闘いに勝つ
“プラークフリーテクニック”を開発

97.7%の確率で歯を守ったスウェーデンや、アメリカの歯科界を変えた伝説的歯科医師の取り組みをもとに、24時間以内に一度すべての歯面から確実に細菌を取り除く“プラークフリーテクニック”を開発(一般社団法人パームリー協会と共同)。
このスキルを身につけることで、365日細菌とのバトルに勝ち続け、口臭の不安などみじんもない“美しく健康な口腔内”を生涯にわたって維持・向上できます。
03

30年間取り組んできた安心と実績

歯科医院で販売されている信頼の歯ブラシ『タフト24』をはじめ、フロス、歯磨剤、洗口液などバリエーションに富んだセルフケアツールを企画・開発。30年にわたり、口腔のプロである歯科医師や歯科衛生士に予防の哲学、概念、知識やノウハウを提供してきました。
今回、その実績に基づく確かな口腔ケアを、従業員の健康づくりを通して業績アップを目指す店舗さまに提案させていただきます。まずはご担当者さま自身がプラークフリーテクニックをマスターし、“歯の洗い方革命”を起こしませんか!?

CASE
導入効果

オーラルケアを導入することで、
こんなベネフィットが得られます
お客様とのコミュニケーションが親密になる
(スメハラという障壁が無くなる)
従業員の健康意識が高まる
(まったく新しい健康への取り組みが刺激になる)
従業員の口臭
従業員同士の口臭が
気にならなくなる
(気持ち良く仕事ができる)
売り上げアップ
店舗や企業全体の
イメージが高まる
(口臭の無い接客がブランディングのひとつに)

PROGRAM
プログラム内容

実際に提供しておりますプログラム内容を
一部ご紹介致します。
01

自分のリスクを把握
(リスク評価ツール)

口臭・むし歯・歯周病の3つの項目であなたの“今” と“なりやすさ”、“これから” が分かります。将来の健康のために何ができるか…自分とじっくり向き合えるツールです。
02

ケア方法を体験
(グループプログラム)

日本人の多くが勘違いしているケアの基本をグループで学べます。歯科衛生士が予防歯科のノウハウを直接お伝えするプログラムです。
03

個人に合わせたケアを提供
(パーソナルレッスン)

一人ひとりの口腔内環境に応じたセルフケアを学べます。自分の手で生涯健康な歯を守るスキルを手に入れられるレッスンです。

より詳しい解説はこちら

「接客業の大敵、“口臭”の最大要因は〇〇にあった!?」

FAQ
よくある質問

導入前に相談は可能ですか?
はい、もちろん可能です。お気軽にお問い合わせください。
どの地域でも開催可能でしょうか?
現在は関東圏のみでの開催となります。
関東圏外での開催やオンラインセミナーの準備も進めておりますので、地域を問わずお問い合わせください。
一般的な歯磨き指導と何が違いますか?
「1日3回しっかり磨く」というのが歯磨きに対する一般的な捉え方ですが、この“しっかり”とは強くゴシゴシ磨くことと思われがちです。しかし、実際には根の本数、隣接面の面積、だ液の通りやすさ、細菌の付着具合、噛み締めなど、歯が抱える環境は1歯ずつ異なります。さらに歯並びや磨き癖、食生活、もともとの細菌数、セルフケアへの意欲など、人によっても口の中の状況は変わります。ここで得られるのは、そうした環境を把握したうえでの“一人ひとりに合わせたオーダーメイドケア”。自分に必要かつ最適なケア方法をマスターできる。それが大きな特長です。

資料を無料ダウンロード

接客業の大敵である“口臭”の要因と
解決方法を含む
詳細な資料をご用意しています。
資料_口臭問題