発想の視点を動かすことで、
健康経営の成果を
グンと上げられます!

「少子高齢化において人財確保が大事」
それをわかっているからこそ、従業員の健康づくりを通して企業の成長を目指す
“健康経営”に取り組まれているのではないでしょうか?
一方で、人事担当者から次のような悩みをよくお聞きします。

人事担当者に聞きました!
健康経営のお悩み

従業員1人ひとりに合った
プログラムになっていない
「取り組んでみたい」気持ちを
引き出せず、行動につながらない
従業員の健康に本当に
役立っているのか自信がない
じつは、多くの企業が
一番大事なことを
見落としています。

健康レベルが高い経営は、
“リスクに着目した”
口腔ケアから始まる!

口は健康の入り口

口は食べ物を砕き、栄養を取り込む最初の消化器官。
その口に潜む細菌を放置しておくと、血管を通って全身を巡ることに。すでに糖尿病や心臓病、脳疾患、誤嚥性肺炎などの全身疾患と関係していることが、膨大な研究データから明らかになっています。
よく漫画やアニメで口から魂が抜けていくシーンがありますが、口は健康の大前提。まさに命に直結するのです。
だからこそ大切なのは、健康な状態を維持し高める一次予防。日本に広まっている早期発見・早期治療の考え方や治療した後の二次予防では、将来の健康を守ることはできません。「治療したからよくなった」は完全にフェイク。削ってしまった歯は二度と元には戻らないのです。

“リスク部位”のケアが
将来の健康を左右する

なかでも“奥歯(第一大臼歯・第二大臼歯)”は、最もむし歯や歯周病になりやすいリスク部位。形状が複雑なうえに歯ブラシが届きにくく、口の中全体の8割の細菌がここに集中していると言われます。さらに、食いしばりや就寝時の歯ぎしりなどによっても日々負荷が! ほとんどの人が奥歯から失っていくのは、そのためです。
しかも奥歯を喪失すると、他の歯が傾斜・移動して隙間が空き、汚れがたまりやすくなったり、噛み合わせが狂ってうまく食べられなかったり、発音がしづらくなったり……。口の中がどんどん崩壊へと向かいます。
奥歯をきちんとケアできるかどうか。それが結果としてすべての歯、そして体全体の“将来の健康”を左右するのです。

1日に一度、確実に細菌を
洗い落とすケアを!

あなたは、食べた後に必ず食器を洗うはずです。歯も同じで、食べたら汚れを洗い落とす。実に簡単なことなのです。
口の中の細菌は2日で急激に増殖することがわかっています。だから、じつは毎食後でなくてもいい。1日1回、すべての歯面から確実に細菌を取り除けばむし歯も歯周病も防げるのです。
日本人の多くは1日に2回3回と歯磨きをする“歯ブラシ大好き民族”。それにも関わらずむし歯を繰り返し、歯周病を止められず、歯を失っているのはなぜでしょうか?
理由は、奥歯がキーリスクであることや正しいケアの方法を知らないから。つまり今すべきは、“リスクに着目した口腔ケア”を身につけること! この“歯の洗い方革命”によって、健康な歯はずっと健康なままに、治療経験のある歯は二度と問題が起こらないようにできるのです。

私たちにお任せください

従業員の健康を守り企業の成長を促す、
“一生もののノウハウ”を提供します

「むし歯も歯周病もまれな疾患である」
アメリカの著名な歯科医師はこう明言しています。つまり、なるほうが珍しいということ。むし歯・歯周病は、その原因もプロセスも、どうすれば防げるかもすでに解明されているのです。
病気になってからではなく、健康な状態をより高める一次予防の口腔ケア。私たち㈱オーラルケアが提供するのは、生涯自分の歯でおいしく食べ、楽しくおしゃべりし、バリバリ仕事に励み、目いっぱい笑える人生を実現する“一生もののノウハウ”です。

自己診断力

口の中の環境は、体調やライフスタイル、加齢などによって日々刻々と変化しています。当然、ケアの方法もそのときどきで異なるわけです。
「今日の口の中はどんな状態か?」
「今の自分に必要なケアは何なのか?」
「どんな道具を使ってどう実践すればいいのか?」
自分の健康は自分で守る―。そのための“ベスト”を判断する力を養うことができます。

自分に合ったセルフケア

根の本数、隣接面の面積、だ液の通りやすさ、細菌の付着具合、噛み締めなど、歯が抱える環境は1歯ずつ異なります。
さらに歯並びや磨き癖、食生活、もともとの細菌数、セルフケアへの意欲など、人によっても口の中の状況は変わってくるのです。
そうした環境や状況の中から、あなたに合った“オーダーメイドのセルフケアプラン”を組み立てることで確実な成果を上げられます。

継続する力

「服はワンシーズン、歯はオールシーズン!」
健康は日々の積み重ねです。単発の磨き方セミナーなどで一時的にモチベーションやスキルを上げるのではなく、生涯にわたって健康を維持できる“生活習慣”をサポートします。
優秀な従業員が何歳になっても第一線で活躍し、企業の成長に貢献し続けるために―。
健康レベルが高い経営の核となる“一生もののノウハウ”を、従業員1人ひとりに身につけてもらいませんか?

より詳しい解説はこちら

「健康レベルの高い経営は“口腔ケア”から始まる!」

なぜ、㈱オーラルケアが
選ばれるのか

01

予防歯科の世界的権威と
パートナー提携

予防歯科先進国のスウェーデンやアメリカなど、世界に名だたる歯科医師や研究者と協力関係を結び、最新の知見を導入。日本で唯一、一次予防に特化した歯科企業として“歯を確実に守る”最先端の考え方と方法を広めています。
今までもこれからも㈱オーラルケアが目指すのは、美しく健康な状態で歯を守り抜くこと。この日本に“本当の予防歯科”を根づかせることです! 

365日細菌との闘いに勝つ
“プラークフリーテクニック”
を開発

97.7%の確率で歯を守ったスウェーデンや、アメリカの歯科界を変えた伝説的歯科医師の取り組みをもとに、24時間以内に一度すべての歯面から確実に細菌を取り除く“プラークフリーテクニック”を開発(一般社団法人パームリー協会と共同)。
このスキルを身につけることで、365日細菌とのバトルに勝ち続け、“美しく健康な口腔内”を生涯にわたって維持・向上できます。
02
03

30年間取り組んできた
安心と実績

歯科医院で販売されている信頼の歯ブラシ『タフト24』をはじめ、フロス、歯磨剤、洗口液などバリエーションに富んだセルフケアツールを企画・開発。30年にわたり、口腔のプロである歯科医師や歯科衛生士に予防の哲学、概念、知識やノウハウを提供してきました。
今回、その実績に基づく確かな口腔ケアを、健康レベルが高い経営に取り組む企業さまに提案させていただきます。まずはご担当者さま自身がプラークフリーテクニックをマスターし、“歯の洗い方革命”を起こしませんか!?

導入効果

オーラルケアを導入することで、
こんなベネフィットが得られます
顧客コミュニケーションが活発に
(口に自信を持つことで積極的に)
社内コミュニケーションが親密に
(スメハラ障壁が無くなる)
社員が主体的に健康を実現する組織へ 
(オーダーメイドプランで主体性生まれる)
企業イメージの向上
(新しい取り組み&効果が立証されている)
健康破綻での人財流出の抑制
(働き盛りの社員の健康破綻が減る)
健康度の向上
着実な健康度の向上 
(汚れ除去率や虫歯再発防止など効果明確)

プログラム内容

実際に提供しておりますプログラム内容を
一部ご紹介致します。
01

自分のリスクを把握
(リスク評価ツール)

口臭・むし歯・歯周病の3つの項目であなたの“今” と“なりやすさ”、“これから” が分かります。将来の健康のために何ができるか…自分とじっくり向き合えるツールです。
02

ケア方法を体験
(グループプログラム)

日本人の多くが勘違いしているケアの基本をグループで学べます。歯科衛生士が予防歯科のノウハウを直接お伝えするプログラムです。
03

個人に合わせたケアを提供
(パーソナルレッスン)

一人ひとりの口腔内環境に応じたセルフケアを学べます。自分の手で生涯健康な歯を守るスキルを手に入れられるレッスンです。

より詳しい解説はこちら

「健康レベルの高い経営は“口腔ケア”から始まる!」

よくある質問

導入前に相談は可能ですか?
はい、もちろん可能です。お気軽にお問い合わせください。
どの地域でも開催可能でしょうか?
現在は関東圏のみでの開催となります。
関東圏外での開催やオンラインセミナーの準備も進めておりますので、地域を問わずお問い合わせください。
一般的な歯磨き指導と何が違いますか?
「1日3回しっかり磨く」というのが歯磨きに対する一般的な捉え方ですが、この“しっかり”とは強くゴシゴシ磨くことと思われがちです。しかし、実際には根の本数、隣接面の面積、だ液の通りやすさ、細菌の付着具合、噛み締めなど、歯が抱える環境は1歯ずつ異なります。さらに歯並びや磨き癖、食生活、もともとの細菌数、セルフケアへの意欲など、人によっても口の中の状況は変わります。ここで得られるのは、そうした環境を把握したうえでの“一人ひとりに合わせたオーダーメイドケア”。自分に必要かつ最適なケア方法をマスターできる。それが大きな特長です。

資料を無料ダウンロード

99%の企業が気づいていない
健康レベルの高い経営は
“口腔ケア”から始まる理由を含む
詳細な資料をご用意しています。
資料_健康経営